闇の中を歩いているときは、
闇を楽しむことなどできません。

 

早く抜け出そうとすれば、道を誤り、遠回りしてしまい、
とても長く感じてしまいます。

 

弱っているとき、誰かに「こっちが近い」といわれれば、従い、
自分の意思を忘れてしまうこともあるでしょう。

 

もしあなたが、そんな中でも、周りを見渡し、
見える景色を楽しむことができれば、
いつか抜け出す出口を待ちわびる気持ちになれるかもしれません。

闇に中にいた経験が、
出口の先の景色をさらに美しく彩ることができるのです。

 

闇を知らずに過ごした人に、抜け出した時の感激など
わかるわけがないのですから。

 

今のあなたのいる場所は、もうじき明るくなるはずです。