【リーダーシップ】周りから信頼される方法

 

信頼とは、信用の積み重ねです。

「信用性」に欠けていれば、信頼関係など創ることも難しくなります。

 

リーダーシップにおいて「自己肯定」が高いことは最も大切な要素ですが、

言動と結果が伴わなければ、信用されることはまずありません。

 

誰もが、「順風満帆」に物事が進めがいいのですが

中々そうは行かないのが人生です。

 

だからこそ「決断」ができる人になることと、

その決断に「一貫性」を持たせることが

信頼関係を築く第一歩です。

 

相手の価値感を理解し、あなたの価値感とすり合わせていく。

 

指示と命令で人を動かすのではなく、

相手の良さをいち早く見極め、

その良さをさらにより良いものにしていくことができれば

相手から信頼を築いてもらえるようになるのです。

 

あなたと相手とは地図が違う

「人と自分は違う」という認識が、人間関係の始まりです。

違うからこそ、コミュニケーションに楽しみができるわけです。

自分と違う相手の考え方を理解し、認めてあげることから始めることで

世界観が広がっていきます。

また、相手もあなたとの違いを感じる中で、世界感を共に築き、

共感というなかで認め合ったとき、より良い信頼関係が築けているでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です