人を惹きつける話し方に、ストーリーを語る手法があります。

簡潔に話す

人は、ダラダラと話し続けられるのを嫌います。

メリハリのない話し方は、眠くなり、話の要点や、ポイントが理解できなくなるからです。

コミュニケーションには、目的があることを忘れてはいけません。

自分が話したいことだけを話し、相手の気持ちや感情を無視しているのです。

 

簡潔に話すということは、ポイントをしっかりとおさえて話すこと。

いわゆる「要点」です。

要点は、行動を促す話しでなくてはなりません。

目的に向かって行動するために、しっかりとポイントを伝えてい来ましょう。

感情を上手くコントロールして話す

 

話の中で、相手の状況に合わせて話すことも大切ですが、

感情が高まらなければ、モチベーションが維持されません。

涙を流すほどのお話は必要ありませんが、

涙をこらえ、溢れるのを抑えて話すことも、相手を惹きつける話し方の一つです。

 

優れたリーダーは、話し方のコツをしっかりと身につけています。

あなたが話したい情報を伝えるより、

スピーチを聴いてる人が何を期待しているのか、

しっかりと観察する力を身につけることから始めてみましょう。