いつか自分の「本」を書きたいと思っている人へ

 

やっと・・・

原稿を書き終えました!

約1ヶ月半

頑張りましたよ〜

――――――――――――――
――――――――――――――

自分の本を書きたいと思っている人も
多いかもしれませんね。

文章を書くのが好きな人なら、
間違いなく本を出した方がいいです。

本を書くなら、
文字数は6万文字以上書けばいいだけ。
今、ブログやメルマガで文章を
書いているのに本を出していないのは
勿体無いですよ。

「自分の本」が書店に並び、
その本を誰かが手に取り
読んでくれる。

あなたの書いた本が書店に
平積みされているのを
想像して見てください。

(ワクワクしますね〜)

別に、自分の本で特別なことを
学んでくれなくてもいいから
共感してくれる人が数多く
全国にできるのは嬉しいことですよね。

どんな人も「3年」
そのことに関わっていたり
経験したり、学んだり、
働いていたことがあれば、
必ず書けると言われていますから。

特別すごいことじゃなく、
自分の趣味だって
それに3年以上関わっていれば
書けますよ。

本を書くなら商業出版を
目指して書きましょう。

商業出版できなければ
自費出版でもいいです。

今は、
amazonで簡単に
電子書籍が出せますからね。

出版社の目にとまれば
次のオファーが来ますので、

あなたの言葉がどんどん
全国に広まります。

「どうやって書けばいいの?」
ってよく聞かれますが、
文章力は特段必要ありません。
(リライトされるので)

「みんなに向けて」ではなく、

一人の人をイメージして
その人に読ませたい!と
思いながら書きます。

そうすれば、
「あなたは、、、」という
書き方になりますよね。

あなたの知識を知りたい人は
全国に0.1%はいるそうです。

???

15万人!!!

フェイスブックの友達でも
5000人が限度ですからね。

そう考えると
本はすごい。

本屋さんが
勝手に陳列してくれて
勝手に読まれて
勝手に売れる。

本が売れない時代と言っても
本がなくなることはないでしょうから。

「あなたへ」に向けた本を
書きましょう!

そうそう!
気づいたら、
第3弾も書きはじめました。

今月も
心のままに過ごしていきましょう!

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です