目先の売上に囚われない!まずは現状把握!

目先の売上に囚われない!まずは現状把握!

エステティックサロンを運営していく以上、「売上」はいつまでもついてまわる課題です。

現在の売上をさらにアップさせるには、「現状把握」と「問題のあぶりだし」を意識しましょう。

基本の部分

売上を上げようとする時、

「数字に強くなければだめだ!」と、捉えていませんか?

大事なことは、経営者とリーダー、さらにスタッフ全員が

売上を上げることの意味や目的を共有していることです。

 

しかし、サロンの数だけ経営の方法があるように、

売上の上げ方に一遍通りはないのです、

 

つまり「正解」がないということ。

 

とはいえ、サロンを軌道に乗せるには、

やはり「黒字」と「赤字」を考えていかなければ運営が成り立ちません。

 

現状をしっかり認識すること

まず、様々な角度からサロンを分析します。

固定支出・光熱費・人件費・広告費・減価償却・流動経費・仕入れなど、

総経費の捻出、コスト削減を念頭に取り組みます。

 

個人サロンはもちろんのこと、スタッフが多数いる場合も、

経営者(オーナー)とスタッフ全員が、

経営という角度で全体の数字を見ていかなければなりません。

 

そして、サロンに関わる人たち、

すべての満足度を上げなけれ目標に達成することはできません。

 

そのために必要なのが「売上計画」と「年間スケジュール」です。

 

売上計画と年間スケジュールをつくるために現状をしっかりと認識することです。

新規客数、顧客数、月来店数、客単価、商品単価、効果のあった広告、チラシなど、全て、カルテから洗い出しをして数字を出していきます。

 

こうすることでお客様の動きがわかり、人気のないメニューや無駄な広告もわかってきます。

 

そして、「自分がどのメニューをたくさん手掛けたのか」が把握でき、

何%の割合で、リピートしてくださっているのか、数字が出てきます。

こうして、数字の洗い出しをすることで、自分の売上を管理できるようになっていくのです。

 

=まとめ=
1・売上を上げるのに数字に強くなる必要はない!
2・カルテの洗い出しから現状を把握する!
3・無駄なものを省き、強みをしっかり伝えよう!

 

 

Follow me!