完璧を求めない

完璧主義の心理 NLP的には?

義務感は強いが自己評価が低い

完璧主義と呼ばれる人たちは、

妥協や曖昧さを受け入れられず、何よりも失敗することを嫌います。

自ら創りだした高いハードルを越えることが目的で

他者からの評価に重きを求めます。

「白か黒」

「0か100」

「〇か✖か」

・・・というように中間がありません。

自己評価や自己価値が低いために

それを見せまいとして努力を惜しみません。

また、その努力が大切なことと思い込んでいるため

頑張ることが当たり前で

モチベーションも上がると信じています。

だから、「失敗」するという出来事は

許すことができず、

まだまだ努力が足りない!と思い込んで

更なる完璧を目指すようになります。

 

正義という義務感を持ち合わせているので

たとえば、「虐待」を「しつけ」と捉えるのは

この義務感が強く出てしまうからです。

 

 

 

 

NLPを使った完璧主義の治し方は?

「~しなければならない」とか

「~するべき」というような

信念は、悪いものではありませんが、

それによって自分自身が苦しむのであれば

手放す勇気も必要です。

 

NLPの場合(私の方法)は、

その方の「完璧」という概念に気づいてもらいます。

[完璧=頑張る=正しい]という概念を持っているなら

それを壊していきます。

壊し方は、パターンがあるわけではなく

一つの方法として、(今まで結果が早かった)

その方がスムーズに完璧が壊せるように

スライトオブマウスでいくつかの質問をしていきます。

それによってその方の五感に変化を起こしながら

完璧が創られた因果関係に対し

原因や結果を崩していきながら

「完璧に対する捉え方」と変えていきます。

徐々に、

[完璧=疲れる=求めない]と思ってもらことで

本当の満足感は、いつでも妥協できることと

気づいていただきます。

 

 

 

まとめ

―☆人生に完璧を求めない☆―

―――――――――――――――――――――

完璧を目指せば目指すほど、心は苦しくなります。

 

完璧を求め失敗すると

自分を責めることでさらに苦しみます。

 

ほんの少し考え方を変えるだけで、

心が軽くなることがあります。

あなたを救えるのは、あなた自身ですから。

―――――――――――――――――――――

 


働く人のために役立つ言葉をお届けします。

『NLPメルマガ』

・より良い人間関係

・楽しいコミュニケーション

・心が元気になる言葉

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です