5年後に何をしているのか

 

NLP心理学のゴール設定は、

今の自分が未来を想像するのではなく、

未来の自分になったつもりで今を見る。

 

5年後の自分が

今の自分に聞いて見る。

 

『あなたの5年後は何をしているの?』

「私は、〇〇している」

 

『あなたは5年後、誰といるの?』

「私は、〇〇と一緒に住んでいる」

 

『あなたは5年後、どこにいるの?』

「私は5年後、〇〇にいる」

 

『では、そのために今、するべきことは?』

と、こうして自分に問いかけることで、

5年後の自分のために

今、何をするべきかが明らかになっていく。

 

 

迷いや、不安は「何をすべきか」わからなくなった時に起こるもの。

 

誰かに相談しなくても

自分の未来は自分で決められるのですから。

 

――――――――――――――――

香河ララ公式HP

https://www.mentalskill.org/

ブログ

http://glabl.biz/

――――――――――――――――

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です