サッカーに熱狂する人たちを見て

 

世の中には数々のスポーツがある中で、サッカーというものに

「なぜ、あれほどまでに世界中が熱狂するのだろう」と、

ふと、思ったので書いてみました。

 

もしかすると、

サッカーに自分の人生をオーバーラップさせて

見ているのではないだろうかと。

 

どんな人も自分の思った通りの生き方をしたい。

 

ゴールに対して、一直線に向かってシュートを決めれれば

そんな楽なことはないですが、

なかなかそうは行かないのが、「人生と一緒」だと思ってみると

面白いなぁって。。。

 

目的地(ゴール)に向かうまでに、邪魔をする人(ディフェンス)が

次々出てくる。

 

やっとの思いで、「ゴールシュートを決めるぞ」って、

キックをしようとした瞬間、最大の邪魔が入り、

なかなかゴールにたどり着けない。

 

互いにそれぞれのゴールがあって、それを誰よりもはやく

決めたいがために取り合いをする。

 

 

スポーツはルールがあるからケンカにはならないけれど、

これがビジネスだったり、人生の邪魔をされたのでは、

自分が落ち込むか、相手を罵り、罵倒するかもしれない。

 

 

でも、人は皆、自分のルールで生きているし、

自分の価値感で人と付き合う。

 

傷ついた、邪魔された、頭に来た、と感じるのも自分の価値感。

 

互いにベストを尽くして、戦っているんだという見方ができれば、

「相手もゴールを決めるために必死だったんだ」と捉えて、

最後のホイッスルがなったら、相手の健闘を称え、

また、次の試合に挑む心を持ちたいものだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です