お客さまにとっての「付加価値」ってなんですか?

お客様の付加価値

 

「顧客満足度」を考えた時、価格設定にプラスして「付加価値を高めたい」と思うサロンも多いはず。

 

 

そもそも、リピート率の高いサロンは、その『付加価値』をしっかりとわかっていてそれを実行しているだけなんです。

 

 

 

メニューの価格は妥当なのか?

例えば、あなたのサロンのメニューが一万円だったとしましょう。

 

 

その価格の内訳はどうなっていますか?

①技術代 ②使用化粧品代 ③使用機械代 ④サロン経費(光熱費)⑤宣伝費などが含まれている価格になっているはずです。

 

 

しかし、その価格をお客様が納得してお支払いしているでしょうか。

 

 

「高い」と思ったか、「安い」と思ったのか、それとも「妥当」だと思ったか。

付加価値を考える前に、お客様がどのように感じているかが重要です。

 

 

本当に意味の「付加価値」とは?

お客様があなたのメニューを「安い」と感じているなら、料金を高く設定することをおすすめします。なぜなら、お客様は安いものには「不安」を感じるからです。

 

 

 

しかし、お客様が、「高い」と感じている場合、あなたが行う全ての価値が伝わっていません。

 

 

 

どういうことかと言うと、お客様、お一人おひとり、それぞれに、価値に「基準」があります。

 

 

 

いわゆる「満足度」です。

 

 

 

例えば、

3,000円のメニューで

満足する人、しない人。

 

10,000円のメニューで

満足する人、しない人。

 

 

 

これが価値の基準です。

 

 

 

ですから、様々なお客様が訪れるサロンで、あなたが付加価値を考えても、なんの意味もありません。

 

 

 

それよりも、

あなたの技術の価格、あなたとの会話、会話を通じて感じるあなたの人柄やあなたの魅力、提供できるサービス、結果の出やすい商品など、すべてが満たされなければお客様は満足しないのです。

 

 

 

つまり、

付加価値とは、あなたの『人間力』を磨くこと

 

 

 

それが、お客様に提供できる唯一のものになります。

 

 

【今日のポイント】

・あなたが決めた価格設定はお客様の満足度を高めていること!

・付加価値とはあなたの価値を高めることから始まる!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です