成功するサロンの特徴

成功するサロンの特徴

エステティックサロンの経営者は、大きく分けると3つに分けられます。

一つは、お客様の希望に応えるために、次々と最新のマシーンを導入している経営者

二つ目は、お客様の希望に応えるために、自分の分身を育てていく経営者。

三つ目は、お客様の希望に応えるために、カウンセリング、施術、クロージングと何から何まで一人でやる経営者。

 

 

 

間違っているサロンコンセプト

どのようなサロンであっても、来店されるお客様が望むのでしたら、それはそれでいいでしょう。サロンコンセプトとは、「持ち味」とも言えるのかもしれません。ただし、いつもサロン側の目線でお客様をみてしまうと、それで満足してしまい大事なことが忘れがちになってしまいます。

 

 

 

最新のマシーンを導入しているサロンの満足は、

「新しいから」「他にないから」「結果がでるから」「今話題だから」

・・・だから、お客様が喜んでくれるはず。

 

 

 

自分の分身を育てているサロンの満足は、

「今まで結果が出ているから」「私の技術は最高だから」「私のやり方が正しいから」「サロンが存続するから」

・・・だから、お客様が喜んでくれるはず。

 

 

 

何から何まで一人でやってしまうサロンの満足は、

「マンツーマンでやれるから」「お客様の全てを把握できるから」「お客様が誰にも知られず来れるから」

・・・だから、お客様が喜んでくれるはず。

 

 

 

これらは、全てサロン側の自己満足。それでも、あながち間違っているわけではありません。実際にお客様が来店されているのですから。

 

 

 

マイナス面を補う経営

経営者は、お客様へのサービスのためにエネルギーを注ぎます。また、従業員やスタッフにも同じだけのエネルギーを使います。

自己満足に陥ることなく、安定した経営とは、マイナスになっている部分をしっかりと分析し、「サロン」「スタッフ」「お客様」とより良い状態にしていかなければなりません。

 

 

 

最新のマシーンを導入しているサロンのマイナス面は、

「機械に頼りすぎコミュニケーション能力が低い」「人材育成がおろそかになる」「機械の使い方は学ぶが肝心のエステティック理論が後回しになる」・・・など。

 

 

 

自分の分身を育てているサロンのマイナス面は、

「技術やスキルが古いまま伝わってしまう」「お客様が新しいものに興味を持っても対応できない」「若いスタッフが育たない」・・・など。

 

 

 

何から何まで一人でやってしまうサロンのマイナス面は、

「自分の時間が取れない」「身を粉にしてボロボロ状態」「売上が頭打ち」「変化に対応できない」「誰にも相談できない」・・・など。

 

 

どのサロンにも言えるのは、諦めてしまっているということです。

 

 

 

成功しているサロンの特徴は、諦めることなく、常に、「自分がお客様なら、何に不満を持つだろう」と目線を変え、サロンにも、スタッフにも、お客様にも、信頼関係が築けるように努力してるのです。

 

 

 

【今日のポイント】

・スタッフ教育に力を注ぐことは、売上に大きく左右する。

・個人経営であってもエステティシャンとしての基本姿勢を身に着ける

 

 

 


 

読者全員無料プレゼント!

『リピート接客力』(出版社 麻布書院)発売記念!

PDF「感情と会話するテクニック」を無料プレゼント実施中

 ⇩   ⇩   ⇩リピート接客力

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です